2008年07月14日

朱蒙<47〜62>

朱蒙〔チュモン〕最終章 前編(1) <ノーカット完全版>朱蒙〔チュモン〕最終章 前編(1) <ノーカット完全版>
ソン・イルグク

フジテレビ 2008-06-27
売り上げランキング : 805
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第47〜62話
またまた一気です。
テソが率いる鉄騎軍を敗走させたチュモン。
しかし、まだタムル軍の基盤は弱いため
ヨミウルの進言に従い、ヒョント城へ出入りする漢の商団や
漢へ朝貢する部族を襲って食糧や品物を手に入れる。
一方、プヨ宮殿ではヤンソルランがイェソヤをいびりまくってます。

だからあんた(ヤンソルラン)ブスなんだよ(毒吐き)

ブログランキングで人気レビューを読む

そして、ケルのソソノは裏切られた叔母に身重なのに
商いの長旅に出るよう言い渡されます。
旅に出る決心をするソソノ
でも、その旅が結果的にソソノの身を助けることになろうとはね。

テソはあの手この手でチュモンを捕えようとするが
ヨミウル巫女はかなり頼もしい味方よね。

クムワ王は、何かとチュモンの肩を持って
ソヤやユファを助けるのですが
自らが王として復権した後は
結局、ヨミウルの言うとおり、チュモンの一番の敵になってしまいそうです。

ヨミウル巫女も殺されてしまったし、
これからは、あのちび巫女の活躍が見られるのかしら?

さて、気になるのが、ソヤなんですが
無事、息子と一緒にプヨ宮殿を出られるのだろうか?
史実は知らないけれど、もしかして殺されるんかな?
最終的にソソノの夫も亡くなったし、
ソソノとチュモンが結ばれることはないのだぅか?


そーそー。ヤンソルランは大嫌いな女ですが、
姑である王妃に子供が出来ないことを責められて
側室をテソが持ちました
子供がいるということから、ソヤを目の敵にするのも
これじゃあ、無理ないかもね。

肝心のチュモンですが、いけすかない爺ソンヤンを説き伏せ、
ピリュとタムル軍で力を合わせて統一チョルボンを建国することになりました。

ヤンソルランは漢から援助を得ることをテソに提案し、
プヨ宮殿を訪れたヤンジョンは、プヨと漢が手を結んで
チョルボンに対抗する以外にプヨが生き延びる道はないと
クムワに迫ります。
一方、テソからチュモンの暗殺を命ぜられたプブンノ
流民を装って本営に入り込み、武芸の腕を認められ本営守備隊の副将に任命されます。

ブブンノはきっとチュモンの方がテソより気に入ると思うんですが
いかんせん家族を人質に捕られているいるようなもんです。
どうするんだろうね?
味方になるといいんだけどね。


人気ブログランキング参加中

posted by 更紗 at 17:39| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓)朱蒙(視聴中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更紗さん、こんにちは。
毎日、暑いですね〜。今年は雨が少ないので、水不足の心配があるようで・・(^^;)
水害にならない程度に雨が降ってくれるといいですね。

チュモンは4話ずつまとめて見ています。
おもしろくなってきましたね! 私も62話までみました。

ソヤが抜け出そうとしたときは、今度こそ?とハラハラしましたが、またもや駄目でしたね・・。
気になるのはチュモンとソソノが関わることが増えてきたので、チュモンの気持ちってどうなんだろう?って、ちょっと思います。

ブブンノはやはりチュモンに気持ちが傾きそうですよね、テソのやり方は普通の心の持ち主なら、ちょっとついていけない・・。
家族が捕らわれているから、なかなか難しいところですね。
Posted by kazune at 2008年07月18日 12:30
★kazuneさん
 こんにちは。

やっとお盆が過ぎて過ごしやすくなってきましたね。
今年は7月から暑くて、ほんとしんどかったです。

チュモン四話ずつですかー。
今またソヤが逃げ出しましたが、この人死ぬのかしら?
チュモンとソソノのかかわりが大きくなってきて、私も2人の気持ちが知りたいです。

ブブンノについては、名案で切り抜けたチュモン!!
ナイスでしたね。

 
Posted by 更紗♪@管理人 at 2008年08月27日 17:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102881217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。