2006年01月06日

デスパレードな妻たち<13〜15>

(BS2)全23話

第13話『大人の分別』
第14話『バレンタインの悪夢』
第15話『偽りの自分』

スーザンは自宅でジュリーとザックがキスしている野を目撃。
こういう時ってとにかく、バタバタするスーザン。
ザックの父ポールに相談に行って
家の買い手がついて引越しすると知り安心します。
でも、スーザンとザックは電話したりしててすっかりカップルって感じ

Desperate Housewives
Desperate Housewives


人気ブログランキング参加中
そして、バン・デ・カンプ家では双方の弁護士を交えて
離婚後の財産分与について話し合っています。
レックスは「ブリーとの離婚を望んでいない」と言います。
しかしブリーは「自分も浮気をして
レックスに苦痛を味わわせてからでないと、
許す気になれない」だって…
でもジョージとのデートでは心躍らないようで
デートを辞めてたんだけど、ファミレスで偶然会って
ジョージは「自分を愛してくれるいい人がいたら、
僕なら許す努力をする」とアドバイスを

おおー。ジョージいい奴。と思ったら
テーブルの下でナイフ持ってんジャン(危)

ザックはポールに、デーナを殺したことを思い出したと言います。
そのことをジュリーとスーザンがどこまで知っているのか気になるポール。
ジュリーとザックが行くダンスパーティーに、
スーザンは保護者ボランティアとして参加して
そこへポールも現われ、スーザンをダンスに誘います。
スーザンが思い切ってポールに「デーナの秘密」をたずね、
「ポールはあれは事故だ。実際には何があったかわからないが、
赤ん坊が泣き叫び、駆けつけたが手遅れだった」と聞かされます

うーん。ザックが殺したのか?
ちょっとよく分からないわね。事故って感じするし・・・


ポールはザックに「おまえは誰も殺していない、デーナは今も生きている」
家に着き、車から降りたザックは
ポールに秘密を口外しない条件として、
引越しを取りやめるよう要求します。

どうも、ザックの中には秘められた凶暴さがありそう。
やっぱりディーナを殺したのか?


バレンタインはすっかりどたばたのリネット
双子たちのプレゼントが盗んだ植木鉢だったり
その上、小屋の中にガラクタの盗んだ品々が見つかったり

そういやー。うちの弟も幼い頃
よく犬っころみたいに、近所の靴とか
持って帰ってきてたなー。
しかも片っぽだけね(笑)
昔は夏とか玄関あけっぱなしの家ばっかりだったし…


フーバーさんの姉が花束を抱えてポールを訪ねます。
それはポールがバレンタインのプレゼントとして
毎年頼んでいたもので、今年も自動的に配達されたものでした。
メアリー・アリスの自殺を知らなかった
フェリシアはお悔やみを告げますが
メアリー・アリスの写真を見て、
「15年前ユタで同僚だったアンジェラ・フォレストだわ」と…

ポールは人違いだと否定したけど、
なんだか怪しい。この家族にはまだ他にも秘密があるのかも…


マイクはスーザンと過ごすバレンタインの夜に、
ロマンティックなレストランを予約していい雰囲気です。
でも、マイクは、ディアドラの消息を求めて忍び込んだ家で、
侵入者として銃撃され腹部に銃創を負ってしまいます。
そして、レストランで、スーザンが倒れた拍子に庇い
傷口が開き倒れてしまいます。
スーザンには「暴発」したと言います。

そしてガブリエルですが、
家政婦との対決は傑作でしたわ
『元々下から這い上がってきた私には、
こんな事たいしたことじゃない』と言い切るガブリエルには
生命力感じますわ〜


ブリーはもう一度レックスに問いただし
レックスはついに自分の性的趣向をブリーに告白します。
ビデオを見て、言葉を失うブリーですが
「一度でいいから試してくれ」というレックスに
ブリーはレックスから渡された手錠をまず、食器洗い機で洗浄します(笑)

綺麗好きのブリーには耐えられないんだろうね。
しかし、SMのMになってくれ。といわれると絶対無理だけど
Sだったら演じられるもんだろうか?
うーむ(-_-;)


さて、マイクを信じているスーザンですが、
リネットから、子供たちがマイクのガレージから盗んだもの
『マーサ・フーバーと刻まれた。血のついたブレスレット』を
渡されます。
スーザンはガブリエルたちに、マイクが銃創を負ったことと、
血のついたフーバーさんのアクセサリーが
マイクのガレージから見つかったことを報告します。
そして、マイクが本当に潔白なら警察に通報しても疑いはすぐに晴れる、
とブリーに言われスーザンは警察に通報します。
そしてマイクはスーザンの目の前で警察に連行されていく……。

刑事の操作はスーザンにもお呼び
スーザンはフーバーさんが殺された日は
一緒にいた。と、初めて二人が結ばれた日だったのよね。

トムは狙っていた重役のポストを逃し意気消沈して帰宅
そのティム・ドゥーガンが草野球の最中に心臓発作を起こし倒れ
トムは上司にドゥーガンの回復を待たず、自分を昇進させるよう直訴して
見事に重役ポストを手に入れます。
喜び勇んでリネットに報告するトムですが、
今以上に仕事も出張も増えることを知ったリネットは、
素直に喜べず、上司の妻ジェイニーに思わず本音を漏らします。
そして、トムの昇進は取りやめになったのでした。
「正直ホッとした」と言いつつも寂しげなトムに
複雑な思いで見つめるリネットです。

って、あんた自分で言っといて
この顛末は分かってて言ったんでしょー。


ザック主催のプールパーティーの日。
スーザンに禁止されたジュリーは出かけられませんでしたが
そこに警察が事情聴取に呼び出し、スーザンは留守に
当然ジュリーはザックの元に…

そしてスーザンは、マイクの過去を知る事になります、
刑事はマイクが以前、麻薬取引と過失致死で
5年半服役していたとバラします。
大ショックのスーザンは自宅に戻り、
「ジュリー、ママを抱きしめて」って

おいおい。本当にどっちが母親か分からない親子だな。
ジュリーがザックに惹かれるのは「母性本能」が強いせいかも
と、なるとスーザンのせいとも言えるな


ザックの家へ言ったスーザンは、
プールサイドに脱ぎ捨てられた男物のパンツと、
プールの中の二つの人影を見つけて大騒ぎですけど
水面に顔を出してきたのは、ザックとジュリーではなく、
ブリーの息子アンドリューとガブリエルに迫ったジャスティンでしたがく〜(落胆した顔)

えーーーー。
ブリーの息子までホ○???
SMの旦那にホ○の息子?
ブリー耐えられるかしら???


人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。

TBされる方は、コメントよろしく〜
posted by 更紗 at 20:25| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 米)デスパレートな妻たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更紗さん、こんばんは。

今回のレビューは最後の2行に爆笑でした。アンドリュー、ゲイ確定ですかね。そのへんの不安定さがあの攻撃的な性格に反映されてるのか、続きが知りたいです。

それからダメスーザンについても、ジュリーが気の毒。まだ子どもですが、これから「ダメ男に弱い女」に成長していかないことを祈ってますw

追伸:TBの件了解!
Posted by ruko at 2006年01月08日 23:54
>rukoさん
 こんにちは〜
アンドリューねー。よく分かんないですよね
しかしマジで息子もホモだと
ブリーもいい加減壊れそうな気が・・・

スーザンは娘のために少しは母親らしくなれよ!!
って感じです。このままでは娘はダメ男の支えにならなきゃ病が完治しないわ〜
Posted by 更紗♪ at 2006年01月09日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

スーザンのみデスパレート度up〈第15話〉
Excerpt: 新年なのでカレンダーにしてみました。ウソです。本当はブリーのこの突き出た右肘でスーザンを小突いてほしかったからです…。信
Weblog: new雑記帳
Tracked: 2006-01-08 23:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。