2006年01月09日

CSI:化学捜査班<1〜11>

(WOWOW、2005.12/26.27)

CSI:科学捜査班 コンプリートBOX 1CSI:科学捜査班 コンプリートBOX 1
ウィリアム・ピーターセン マージ・ヘルゲンバーガー ポール・ギルフォイル

アミューズソフトエンタテインメント 2003-11-21
売り上げランキング : 4,970
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第1〜11話
新しくCSI:に入ったホリー、主役級?と思いきや
いきなり殺されているし・・・うーん非情な街やラスベガス

人気ブログランキング参加中
ニックとウォリックの昇進対決とか
題材やネタの入れ方も上手いですね。
化学捜査の知らない一面とかも見れて
一時間アッという間に過ぎちゃいます。

4話の、ひき逃げ犯人の老人が
孫を庇っていたりとか、殺人という事件の中に
色々と人間模様が隠されていて、
それを捜査するというより調べると言う形で
暴いていく科学捜査班。
ドンドンひきこまれて一気に見れるドラマでした。

一挙放送ではなく、地道に見ておけばよかったわー。
と、言うこと新番組の「CSI:ニューヨーク」は
一話ずつ見たいと思います。

人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。

TBされる方は、コメントよろしく〜
posted by 更紗 at 20:16| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 米)CSI:シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
日本のアマゾン経由でアメリカ版のBOX1を入手しましたが韓国ドラマの方を見るのが忙しくてまだ2枚ぐらいしか見れてません。(実は字幕なしの英語音声が聞き取れなくて逃げているのですが^^)
解説がないとわからない部分が多いですね。
「チェオクの剣」でも初回の方はこのドラマの手法を使っているように感じました。
Posted by SOPHIL at 2006年01月09日 21:37
>SOPHILさん
 おはようさんです。
米国のDVD買ったのですか?
この際、レンタルで見るといいかも〜
やはり化学的な専門用語もあるんで字幕なしはキツイのでは?
私はどんな話だろうと字幕ないとダメな英語アレルギーですが(苦笑
「チェオク」はもっと古い時代だから、CSIの初歩って感じですけど、一話はそれっぽかったですよね。
Posted by 更紗♪ at 2006年01月10日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。