2006年06月02日

復活<1〜2>

(so-netTV)

fuukatsu.gif

復活 OST (KBS TV Series) (韓国盤)復活 OST (KBS TV Series) (韓国盤)
韓国TVドラマサントラ

Pony Canyon (KR) 2005-06-22
売り上げランキング : 434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あらすじ/20年前のある豪雨の夜、一人の男が
血だらけの子供を抱えて父と娘の貧しい家を訪ね、
その子供を預けて去った。
20年後その少年は刑事となっていた。
ハウンは、正義感の強い刑事で、20年前の事故で7歳以前の記憶を喪失したまま、賭博師ジェスに預けられて育つ。

第1話『全ての始まり』
第2話『アリバイ』

冒頭の大雨の日に預けられた少年がハウンなのね。
そして血の繋がらない妹ウナとは仲良し
と、言うより恋仲だよね。
(まだお互いの気持ちを確かめあってないけど)

人気ブログランキング参加中

見た目チンピラのハウン(笑)
彼は刑事なんですね。なるほど・・・

ある日、ハウンの顔を見て驚く男がいました。
「俺にもツキが回ってきた」そう言った彼が
翌日、ソウル市内のマンションで死体で発見されます。

こりゃあ、ハウンには何やら過去がありそうですね。
本人の知らないところで・・・

殺されたのはイム・デシク。
状況から自殺と見られたが、
ハウンは状況から他殺を主張し、新しく赴任してきたキョン班長も
イム・デシクが20年前のユ先輩刑事の事故の証人だったこともあって
その事故とも関連があると直感し、他殺だと思っていました。

イム・デシクの経営したホテルの副社長チェ・ドンチャンが
事情聴取され、刑事であるハウンの顔を見て顔色を変えました。

チェも何か事件に関わっているようですね。
それにしても「Loveing you」の時もでしたが、この俳優さんって
ワル役のしかも下っ端役が似合う

ハウンは、チェの態度などから、イム・デシクの死が自殺ではないと確信し捜査をして行きます。
キョン班長も、現場の壁に書かれた「ヤン・マンチョル」という文字を発見して、20年前の事件との共通点を感じます。

そして、この事件に国会議員イ・テジュンが係わっているという事を突き止めますが、警察署長の突然の捜査中止命令が下ります。
上から圧力がかかったんですねー。


そんな時、ハウンは養父ジェスにウナの見合いが上手く行くように手筈を整えて欲しいと頼まれてしまい、ハウンはウナを見合い場所に呼び出します。
何も知らず見合いの席に行き、ハウンに裏切られたような気持ちになるウナ。

二人ともお互いを好きなくせにね。
まあ兄妹として育ったからには、その関係を崩しにくいのでしょうが・・・


20年前の事故で父と兄を失った傷で、
冷笑的で理性主義者になったユ・シンヒョク。
彼には婚約者がいて、それはイ・テジュン議員の娘カンジュでした。
偶然にも、酔っ払った女性がハウンの車を
タクシーと勘違いして、ハウンが自宅に連れ帰った女性が
カンジェでした。

シンヒョクとハウン(ガンヒョク)は一卵性双生児で
ガンヒョクは20年前の事故で父と一緒に亡くなったと思われているのね。

シンヒョクは、幼い頃住んでいた家の前に立ち、
あの日、勝手に父の車に乗り込んだ兄を
だまっていないで親に告げていれば兄は死ななかったと
後悔して、責任を感じているようです。

そしてハウンも、自分と同じ顔の、もう一人の自分に
「お兄ちゃん」と呼ばれている夢を見ます。

ドンチャンによって、イム・デシク殺人事件を捜査する刑事が
ユ・ゴナの死んだと思っていた息子だと知り、
テジュンとチョン・サングクはまた何か企んでいるようです。

さて、サングクの息子ジヌは、
パーティでプールに落ちたシンヒョクの妹シニョンを
助けにプールに飛び込んだユナを気に入ったようで・・・

複雑に過去に関わる人間たちの、子供たちが複雑に絡みあってきましたね。

これはなかなか面白そうです。

人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。

posted by 更紗 at 15:40| 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 復活(完) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更紗さん。こんにちは。
最初、警察署で、ハウンとカンジェが、すれ違う時に、なぜスローモーションになったのか、わかりませんでした。

2話〜3話を見てやっとわかりました。(笑)
Posted by leaf at 2007年01月12日 22:29
劣leafさん
 こんばんは〜
段々と伏線がはられていた部分が分かってきますよね
電話しているシーンとか回りに注目してみるといいですよ(ヒント)
Posted by 更紗♪ at 2007年01月13日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。