2006年11月11日

嫌われ松子の一生<5>

嫌われ松子の一生 (下)嫌われ松子の一生 (下)
山田 宗樹

幻冬舎 2004-08
売り上げランキング : 1128
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第五話
小野寺を殺してからは、逃亡生活です。
つーか、哲也のことは、まだ尾引いているんだねー
太宰治と同じトコで自殺しようとするとは・・・がく〜(落胆した顔)

ブログランキングの人気レビューを読む


それにしても、玉川上水に『水がない』には笑ってしまいました。

さて、映画ではなんと荒川良々だった島津ですが
ドラマでは杉本哲太に・・・

島津が佐賀県出身とか、家出して生きているとか
色々と自分の身の上と重なったようで
すっかり島津に気を許して、島津の家で暮らし始める松子
理髪店を手伝いながら家事をこなしている松子ですけど
麻薬の禁断症状が出始めました。

島津との日々は、平穏で幸せな日々だったけど
松子はこのままではいられないコトを知っています。
ある日、赤木に電話して「綾乃ねーさんの墓参りがしたい」と
諏訪に墓参りに行くと、そこに赤木も来て再会しますが

二人は、それぞれ「あの時着いて行っていれば…」
「あの時、ムリにでも連れて行っておけば・・・」と
もう「たられば」の世界です。
殺人では、戻れる犯罪ではないものねー。


一方、姪の明日香は、めぐみから、松子の殺人の話を聞き
どうして伯母が人殺しをしたのか?確かめに裁判記録を
見ることにしたのでした。

そして、島津にプロポーズされた日
警察に逮捕される松子でした。

『待っているからーーー』って島津ですけど…
うーん。そりゃあムリだな。


人気ブログランキング参加中


posted by 更紗 at 22:46| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日)嫌われ松子の一生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更紗さんこんばんは。

まさか松子、島津が待っててくれるとか思わないですよね…?「親戚の女の子だよ」なんて言っちゃった島津さん、近所でどんな風に言われてるか考えただけでなんだか気の毒。

捕まえにきた刑事の「偽名を使うことくらい考えなかったのか」っていうのが松子を象徴してる気がしましたw いつもありのまま、といえば聞こえがいいけど学ばない、成長しない、っていうのはずっとこのままなのかな〜。
Posted by ruko at 2006年11月12日 01:20
劣rukoさん
 こんばんは。
松子、信じちゃう人だからなー。
島津さんは、まあ○○なんですが・・・
でもお気の毒って感じですよねー
 「偽名」に関しては、松子らしいですよね。
そこまで頭が回っていないというか?
逮捕されるのも想定の上で、それでもいいって気持ちがどこかにあった気がします。
Posted by 更紗♪ at 2006年11月18日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ごめんなさい」 嫌われ松子の一生〈5〉
Excerpt: ス、スミマセン…漁師姿の赤木さん(北村一輝)にちょっと萌えてしまいましたw その後の元裏世界の住人っぽい革コート?とのギャップが素敵すぎるw 松子……なんてわかりやすい子なの。「人間失格」片手に玉川上..
Weblog: new雑記帳2
Tracked: 2006-11-12 01:13