2007年01月22日

デスパレートな妻たち2<6〜15>

デスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Boxデスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Box
テリー・ハッチャー マーク・チェリー マーシア・クロス

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-10-04
売り上げランキング : 1247
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第6〜15話
もう、なんもかんも一気レビューになりそたらーっ(汗)

ポールがウィステリア通りに帰ってきました
お騒がせスーザンは、当然のように「殺人者扱い」して大騒ぎ
マイクまで引き出してきて、
でも、バカなスーサン。
当然マイクは知らぬ存ぜぬでした(笑)

ブログランキングの人気レビューも読む


ホントなんでマイクの考えが理解できないかね?
この浅はかさがスーザンがマイクとは決して結ばれない理由になりそう
スーザンもポールに詰め寄られて結局ザックの行き先を教えたり
結局帰ってきたザックに
またまたスーザン大慌て!!
ザックをユタに行かせるお金を渡したと知ったマイクは
決定的な別れに失恋

さて、ブリーの方はジョージとデートを重ねていましたが
いざ「いたそう」とすると蕁麻疹が出るブリーです(笑)
でも、それって体が拒否しているんだから
ブリーも早く気づけばいいのに、結局Hしちゃったじゃない
そして、やっとジョージの仕業と知ったブリー
ホテルで自殺未遂してブリーを呼び出すジョージを
見捨てるブリー。

うぉー。般若ブリーふらふら

怖いっす。


アップルワイト家の方は、地下にいるケーレブは息子なんですね
彼がメラニーという少女を殺したわけだ
元々障害のある子なんだね。
あのガブリエルがやっと妊娠した事実を認めて
服も合わせていこうと決心した途端
そのケーレブが家に侵入してガブリエルは階段を転げ落ちてしまい
流産もうやだ〜(悲しい顔)

したみたいですバッド(下向き矢印)。9話は例の津波注意報で
翌週続けて放送されて録画できなかったのよ
くそーーーむかっ(怒り)

気がつくとカルロスが釈放されて帰宅
でもねその後ろに胡散臭いシスター・メアリーが・・・
ガブリエルじゃないけど、こんな女が旦那の近くにウロウロしてたら
私でも駆除したくなる(笑)

女の対決は実にすさまじかったです
ののしりあいだけでなく、なんと取っ組み合いまでする始末
一度は、ボツアナに行かせておさらばしたのに、帰国
でも、流石ガブリエル!!
神父様に「夫と不義を・・・」なんて嘘をささやいて
アラスカにぶっ飛ばすパンチ
いやー。セカンドシーズンに入ってから
すっかりお気に入りのカブちゃんです。

一方ケーレブが逮捕され、ピアニストのボランティアに化けた
ベティとマシューの二人で、そこから連れ出し
またまた地下に監禁です。

ところが、不審な男がアップルワイト家を探っていたと思ったら侵入
ケーレブが見つかるが、男がシロアリに食われていた階段から落ち
自分の銃で死亡してしまいます。
その死体をベティたちは車のトランクに入れておくのですが
なんと翌朝、事故があり開いたトランクから死体が発見されるがく〜(落胆した顔)

アップルワイト家の怪しさは倍増してきて、
引越しも考え始めたベティですが
そこに救いの手が・・
なんとそれはブリーの娘ダニエルでした。

ホント、ブリーは良妻賢母って感じなのに
子供の教育を間違ったわよね。
息子も娘も浅はかすぎて、あかんわー


ベティに弱みを握られたブリー
これでベティも仲間入りしたフリして
当分は安泰ですな。

リネットは、仕事でかなりのストレスを感じていましたが
とんでもない行動に出て、いやな上司はいなくなったけれど
いきなり専務に、部下も減り仕事は倍増
あげくおっとトムも社会復帰したいと言われて
なんと自分の会社に入ることにがく〜(落胆した顔)
まあ、この夫婦はなんだかんだとあっても平和なんでね

お騒がせスーザンは、脾臓に問題があって手術することになるが
彼女の健康保険は出版エージェントであるロニーの横領事件のときに止まったままであることが判明して
取り急ぎ保険獲得するために結婚を選択
ゲイの相手を紹介したもらったものの
ゲイパートナーの不満でぶち壊し(笑)
結局、元夫カールと偽装結婚することに・・・

さて、ザックが本当の父はマイクだと知りましたが
このバカ息子何かまたしでかしそうだわ

人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。

デスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Boxデスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Box
テリー・ハッチャー マーク・チェリー マーシア・クロス

LOST シーズン1 DVD Complete Box デスパレートな妻たちオフィシャル・ガイド 24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス エイリアス シーズン3 DVD COMPLETE BOX ダーマ&グレッグ シーズン1 DVD-BOX

by G-Tools


posted by 更紗 at 20:38| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 米)デスパレートな妻たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更紗さんこんばんは〜。おつかれさまw

さて、ブリーの件だけどアンドリューもダニエルも、自分たちや父親の気持ちを無視して「あるべき美しいヴァンデカンプ家」を押しつけていたブリーに辟易していた面が多かったと思うので、ブリーがまったく免罪ってわけでもないなぁと。

特にレックスが死んで間もないのにジョージとデートとかしてた件などは思春期の息子や娘にとっては許しがたいことだったのではないかと思います。

でもやっぱりなんですね、スーザンが宇宙バカなので、ほかのみんながだんだんフツーに見えてくるのが恐いw
Posted by ruko at 2007年01月23日 00:25
★rukoさん
 こんばんは♪
ブリーの件は自業自得ではあるんですけどね。でも自分の母追い詰めても自分に利益がないってことに気づかないバカ息子&娘には、ちと・・・
ジョージとデートしていたのは信じられませんでしたけどね私も(笑)
 宇宙バカ(笑)でも的確な言葉です
ほんと信じられないほどおバカさんで、なんだか萬田さんまでおバカに思えてしまいます。
Posted by 更紗♪ at 2007年01月24日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

信じるもの デスパレートな妻たち〈2-15〉
Excerpt: 第1シーズンからですけど「ザ・ホワイトハウス」のランディンガムさんこと近所の毒舌おばあちゃんマクラスキーさんをリネット(フェリシティ・ハフマン)がどうしてあそこまで拒否るのかわからないw という話でし..
Weblog: new雑記帳2
Tracked: 2007-01-23 00:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。