2007年02月28日

ヒミツの花園〈7〜8〉

第7〜8話
花園ユリ子の作品をドラマ化する話があがります
題名「忍法アラベスク」一体どんな話なんだよexclamation&question
忍者がバレエ踊るのかたらーっ(汗)

月山は商談をなんとかまとめようとしましたが
原作無視の脚本に駄目だしした途端。相手は豹変exclamation話はお流れに

ブログランキングで人気レビューも読む

王子辞典 Prince Dictionary王子辞典 Prince Dictionary
タイムマシンラボ

太田出版 2007-02-01
売り上げランキング : 16007
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


航としてはドラマ化反対だったから、結果オーライのようですが、どこかぎこちない月山との関係
揺れるハート絡みと言うよりも、やはり大事なのは家族!特に「陽」って事みたいね

花園町でのサイン会騒ぎから、花園ユリ子の正体がスクープされ、マンションにもマスコミや野次馬たちがたらーっ(汗)
こうなりゃ反対にイケメン兄弟で特集記事をexclamationすりゃ収まるか?と思ったら火に油でしたバッド(下向き矢印)

取材は一度だけと約束しましたが、取材の依頼が沢山きてウキウキ派とイヤイヤ派に兄弟分かれました(笑)

でも取材で原稿を遅らせる弟たちに怒り、「あなたが担当になってからおかしくなった」と担当変えまで言い出す航にショックを受ける月山です

うーんたらーっ(汗)どうも陽の出生にヒミツありexclamationかなexclamation&question
posted by 更紗 at 22:42| 広島 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日本ドラマ<タ〜ハ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更紗さんこんにちは。

いやー、いきなり逆ギレした長男にドン引きで終わった第8話でした…。

ずっと永久にマスコミには全員出ることなく花園ゆり子のままいられる、と思っていたんでしょうか(汗)。

でもこれでますます、航の周囲を嗅ぎ回っていたみすずの存在感が薄くなりましたね。謎w
Posted by ruko at 2007年03月03日 15:19
★rukoさん
 こんにちは♪
航の逆ギレはどうなんですかね人間変わらないわけがないのにさー
 人気が出れば、いつかばれるなんて分かってたはず、いや分かってなかったのか?(苦笑)
みすず、はっきり言っていらないんですけどねー、最後には存在価値が出るのかしら?
Posted by 更紗♪ at 2007年03月07日 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

あのとき・あのこと ヒミツの花園〈8〉
Excerpt: 若くて神経は細いと思いつつもあの4人兄弟、いや、出演者全員の中である意味最も大人(というか現実を直視できる)であるのは実は四男の陽(本郷奏多)じゃないかとますます思えてきたドラマ終盤戦です…。逆に長男..
Weblog: new雑記帳2
Tracked: 2007-03-03 15:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。