2004年09月03日

ホテリアー 第12話

(BS日テレ2004.9.2) 
前話までのネタバレあり、12話はネタバレ防止
出演/ハン・テジュン(キム・スンウ)シン・ドンヒョク(ペ・ヨンジュン)
   ソ・ジニョン(ソン・ユンア)キム・ユンヒ(ソン・ヘギョ)
2001年(全20話)

第12話 『彼を信じるということI』

うーん。すっかり私の頭がテジュン派になっているので、この展開は面白くない(笑)
ドンヒョクはジニョンを利用するためではなく好きで接触してたんだけど
その辺りまあホテル絡みだと誤解されるのも仕方ないよね。
ネタバレ→でも、ドンヒョク自身は公私は分けているとは言いつつも
ジニョンが言うとホテルに手を出したくはなくなるみたいだし
うーん。男心も複雑だ(笑)
しかしどうもドンヒョクの真の狙いが分からないよ
ジニョンと接するうちに気持が変わっていくって事?
後、ユンヒが変な客に言い寄られているけど
最初何?この男?と思ったら振られ男だったのか〜
すっかり元カノと混乱してユンヒに「逃げるな」とか言っちゃってるけど
大丈夫なのかしら?
外で待っている社長の息子が助けるのかな?
でも案外こういう時にまたテジュンが現れたりすんだよねぇ〜
せっかく頑張って銀食器磨いたのにね。可哀相なやつだ
と、勝手に想像してします(笑)
←ネタバレ
posted by 更紗 at 18:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓)ホテリアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。初めまして、ハヌルと言います。関西人なので地上波で見ています。回も少し進んでいるようです。そうですよね。私はドンヒョク派ですが、あの展開にはびっくりしました。どうしてあんなに急に?と。でも少し考えて、テジュンさんは無意識に彼女への気持ちを抑えて(ドンヒョクのように誤解されそうだから)しまっていたことに気付いたのかも・・・と思いました。
ここから少しドンヒョクの弁解をしていいですか?ってもう始めちゃいますけど(苦笑)。彼ははただジニョンの側に居たいだけでソウルへそしてホテルにやって来て、彼女が勤めている(愛している)ホテルの買収を進めていってもそこに何の矛盾も発生しないと考えていたところが、彼の生い立ちから成る悲しい性格なんですよ、キット。それがジニョン愛することで徐々に変わってきたから、あんなに揺れてるんじゃないかしら。この人を逃すと僕は一生このまま、何か暖かいものに手が届きそうなのに方法が判らないってあせってるんじゃないかな。ぺさんって演技が上手いと思います。相手と話している時の彼の目を見ていると、様様な感情の揺れが見えて胸に迫ってくるようで、こちらで今日放送された回なんて、かなり苦しくなって泣けそうでした。初めは特にファンではなかったんですげどもしかするとファンになってしまいつつあるのかと思う今日この頃です。長くなりました。<掲示板へ書くべきだったかしらと公開しつつ 初書き込みのハヌル>
Posted by ハヌル at 2004年09月05日 00:34
>ハヌルさん
 いらっしゃいませ、はじめまして
掲示板でもコメントでもどちらでもOKですよ。

ぺ・ヨンジョン氏の演技に関しては、この作品では特に目で訴える部分多いですね。
この点彼は長けていると思います。
今のトコ彼の作品では「初恋」が私のNO1です。

ドンヒョクの仕事と恋との両立に関しての彼の考えは甘く
彼女を大事に思うなら仕事は断るべきだし
でも仕事も恋も・・・と思っている割りに
彼女への対応は稚拙だし、この辺りがね
真の狙いはなんなんだ?と思わせる部分なんです
仕事をそのまま進めるならば彼女との恋愛はないだろうし、ソノ辺りのすすみ具合が
これからでは少し遅いかな?と思って
またまた韓ドラお得意の「ギリギリ駆け込み展開」になってしまうのかしら?
ここまでの展開では、ドンヒョクの気持ち(仕事に関して)の変化がイマイチ見えないので
言葉で説明はされていても
(ドンヒョクが自分の家族問題とかで、愛するということ事体が彼にとっては奇跡的な気持ちなのはドラマの中でも彼の台詞として発せられましたが)
「真の狙い」がつかめないとなるわけです。
狙いも何も、ただ彼女を愛しているという気持ちだけなんでしょうが・・・
Posted by 更紗 at 2004年09月05日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。