2007年09月18日

九尾狐(クミホ)外伝<13〜16>★★★★



2003年 全16話 KBS
出演/キム・テヒ チョン・ジン チョウ・ヒョンジェ 

第13〜最終話
戦士を辞めると言い、「もう戦いたくない」と訴えるシヨンに
ミヌもSICSを辞める。

しかしミンジュの病気が悪化して「肝移植」をする日
チェイによって、「移植する肝臓」をダメにされて
ミンジュが亡くなってしまう。

妹まで殺されたミヌが九尾狐一族を許せるわけもなく・・・

ブログランキングで人気レビューも読む


ランはミンジュに対して情が沸いていて
チェイの行為を止めようとしたが
「首長の命令だ」と言われて抵抗せず・・・

うーん。ここのとこが分からん
ランだったら、チェイを阻止できたはずだし
ミンジュに対して行為を抱いてはずなのに・・・


シヨンも自分が「千年狐」だと知り、
両親を殺したのも首長だと知る。

そこで復讐に向かうんだけど・・・
『自分が生け贄になれば、九尾狐族が人間になれる』と
首長に言われて、その気になっちゃうのよねー。


千年狐を生け贄にしなくても九尾狐族が人間と共存できるように
人工肝臓は実験が成功するのに、
なんとこの首長、研究員を皆殺しにしちゃいます。

怪しいぞーーーー。と思ったら
やはり、一人だけ「永遠の命」を授かるために
シヨンを殺す気でした。


九尾狐に対抗する刀「赤月刀」を見つけ
持ち主がミヌだと彼に託すSICS局長。

結局、人間も狐たちも自分たちの都合ばかりで
最終的に何人死んだんだよ?

ミヌは局長に、『千年狐は月食の日に人間を滅亡させてしまう怪物になる』と嘘を聞かされて思い悩む。


一方、ムヨンは、運命を受け入れたシヨンを見て、自分も運命を受け入れようとし、首長の跡継ぎとして、儀式でシヨンを殺すことを決意する
そして、いよいよ儀式が近づいてきたときに、ミヌはSICS局長が嘘をついていた事を知り、儀式の場に向かい、
シヨン、ムヨン、そしてミヌ。
三つ巴の状態で、シヨンを殺させまいとするミヌと
使命を全うするムヨンの剣がぶつかり合い
止めようとするシヨンは、ムヨンに刺され
ミヌの剣がムヨンに刺さる。

ムヨンは砂と化し、シヨンは「来世では死ぬほど愛し合いましょう」と言葉を残して、昇天するのでした。

これで、九尾狐一族は人間となったのかな?
そこが気になりましたが、まあこの結末しかなかったかな?

人気ブログランキング参加中


posted by 更紗 at 20:50| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 韓国ドラマ<カ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
私もこのドラマを観てました。
週4話放送だったので、イライラさせられることなく
一気に見れてよかったのですが、更紗さんの書かれているように
疑問点もありましたね。
TBさせて頂きました。
Posted by Jasmine at 2007年09月20日 14:54
★Jasmineさん
 お久しぶりです。
一週間に四話って見続ける時間をとるのは大変だけど
イライラして待つ時間が少ないので、その点はいいですよね(笑)

やはりラストは疑問ですよね。
Posted by 更紗@管理人 at 2007年09月20日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55991394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

九尾狐外伝(2003年)
Excerpt: KBS WORLDの「九尾狐外伝」アンコール放送を観ました。 キム・テヒがちょっと苦手で放送時にはパスしたのですが 後でオム・テウンが出演していたと知り、視聴してみると神話のチョンジンも 出演していて..
Weblog: 海外ドラマDiary
Tracked: 2007-09-20 14:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。