2008年03月26日

クリミナル・マインド2<11>

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2 コレクターズBOX Part1 [DVD]クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2 コレクターズBOX Part1 [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2009-03-04
売り上げランキング : 2408
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第11話「殺人衝動」

ある朝、リードは出勤途中で男子学生に声をかけられる。
大学でリードの講義を聴講したという彼は、
「娼婦連続殺人」について興味を持っているようです。
彼の知っている情報が、犯人もしくは目撃者でないと知りえないことのため、
リードたちは彼を捜し出します。

ブログランキングで人気レビューを読む

FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)
ロバート・K. レスラー トム シャットマン Robert K. Ressler

早川書房 2000-12
売り上げランキング : 58052
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


彼の名前はネイサン・ハリス。
9歳で父親を亡くし、医学博士の母親と二人暮らしで
私立高校に通う優等生でした。
自宅を訪ねたリードたちに、ネイサンは娼婦殺しの犯行は否定しますが、自分には殺人願望があると告白します。
精神鑑定のために預かったその夜、事件が発生し
まだ16歳の売春婦の腹部には「無能」の文字が刻まれていた。

ネイサンの嫌疑は晴れるのですが、
本人の希望を受けてギデオンはネイサンの精神鑑定を行い、
彼がいつか殺人を犯すに違いないという結論を出す。
その結果を母親に話し、入院を勧めるが、母親は頑として受け容れません。

一方、娼婦殺人は、二件目は警察に助けを求め、三件目では裏切られたと…
そして四件目は犯行が荒っぽく雑になっています。
ただ死体を議事堂の向に置いたこと自体がメッセージだと考えたギデオン。
犯人はスタイヤー議員が、法案について会見することを知っている政界にいる人物だと分析します。

ホッチはスタイヤー議員と娼婦たちを面会させ、犯人の目撃証言を聞かせます。
最初はそんな人物は知らないと突っぱねていた議員ですが、やがて支援団体のある人物を思いだします。

「娼婦連続殺人犯」は、なんと「犯罪撲滅運動」している一人でしたよがく〜(落胆した顔)
「娼婦」がいるから世の中乱れるって…
だからって殺していけばいいってことじゃなかろうに…
娼婦をするしかない彼女たちの生活を考えればいいのに。


少年の「罪を、殺人を犯しそうだ」という不安感から
助けてあげたい気持ちをリードが
自殺からも助けたものの・・・

それが仇となり、彼は殺人者となる可能性があるわけで…。

なんとも後味の悪いストーリーでした。

一度「殺意」を抱いた者は、止めることができないのかしら?
彼の場合は病んでしまっていたから?

人気ブログランキング参加中

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2 コレクターズBOX Part2 [DVD]クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2 コレクターズBOX Part2 [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2009-03-18
売り上げランキング : 2932
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【関連する記事】
posted by 更紗 at 17:20| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 米)クリミナル・マインドシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。