2008年04月21日

外科医ポン・ダルヒ<3>

外科医ポン・ダルヒ オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
外科医ポン・ダルヒ オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

第3話『対立』
アン教授がメスを入れた瞬間。
ゴヌクが手術室へ入り、組織検査をするように強く要求します。

ここにきて、いまさらって気もするんですが…
まあ外科医にとって患者とられるのって大問題だもんなー



ブログランキングで人気レビューも読む


アン教授は『時間の無駄だ」と言い張るが、
ゴヌクの言うとおり組織検査に応じる。
しかし検査結果はアンの言う通りでゴヌクの面目は丸つぶれです。

しかも、この件を胸部外科の部長が見逃すはずもなく
院内の報告会で、吊るしあげをくらうゴヌク
伯父であるイ部長も、ゴヌクを怒る始末です。

いやー。アン教授側はそうでもないけど
ゴヌクのアン教授に対する嫉妬・対抗心はすごいね。
ここにダルヒも絡んで、ますますややこしくなるのかな?


ゴヌクは一人院内の講堂でクラシックを聞いていた
そこに現れたのは、チョ女医。
離婚後の息子の養育に関して相談したかったようだけど
ゴヌクは六年間も他の男の子供を育てさせられた
と言う裏切りが許せないようです。

ところが、この話をしていたところへ現れたダルヒ
とことんタイミングの悪い女です。
しかし、ダルヒを責めるチョ女医に対して
「俺が呼びつけたんだ」と庇うゴヌクです。

外科の新人歓迎会の日、席を外したゴヌクを追ってダルヒも店を出る。
ゴヌクは「どうして自分を追ってくる?」と怒鳴るのですが
何故か?一緒に飲んでいる二人がく〜(落胆した顔)
ゴヌクは両親にも伯父にも、誰にも言っていない
息子の秘密をダルヒに知られたのがショックだったようです。

深夜に酔いつぶれたゴヌクを抱えて宿舎まで帰るダルヒ
ドアのところで偶然にアン教授に目撃され
またまた、誤解受けそうだねー。

寝る場所もなく、自分のペットで寝ていた同僚を端に寄せて眠るダルヒでした。

翌朝緊急コールで目覚めたダルヒ。
現場に行くとアン教授が心臓マッサージをしていた。
担当医師のカリウム投与が原因だと指摘するアン教授ですが
カリウムの量はさぼど多くなく、長時間のフライト後とのカルテから
ダルヒは「エコノミー症候群」を指摘する。

アン教授の毛嫌いはすごいね。
インターンなんて失敗して一人前になるんだろうに
(まあ、いきなり死人だしちゃいけないが・・・)



人気ブログランキング参加中

posted by 更紗 at 20:33| 広島 | Comment(3) | TrackBack(2) | 韓)外科医ポン・ダルヒ(視聴中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更紗さん、アンニョン♪
アン先生の人嫌い、すごすぎかもーー!!
ちょっと引くわ(笑)
けどこれからいいところが出てきて、
アン先生いい人ーーに変るんだろうねー。
早くその変化が見たくてたまらないですわ。
このドラマ評判通り私は好きみたいです。
Posted by so-so♪。 at 2008年04月23日 23:33
コメディ作品でしか観たことなかったイ・ボムスが
冷たくて怖い人でビックリでした。
ダルヒの失敗ぶりにも驚きましたが
医療ドラマとしても面白い作品ですね。
TBさせて頂きました。
Posted by Jasmine at 2008年04月27日 23:05
★so-soさん
 こんにちは♪
遅くなりました。アン先生ちょっと・・・ですよね。
とても友達にはなれないタイプ(笑)
 ダルヒと接するうちに人間性も変わるのかしら?

★Jasmineさん
 ダルヒの失敗は多すぎる気が…
かなりの驚きです。
今後が楽しみですわー
Posted by 更紗♪@管理人 at 2008年05月01日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

外科医ポン・ダルヒ 3話(ノーカット)
Excerpt: 【送料無料】(CD)(オリジナル・サウンドトラック)/外科医ポン・ダルヒ オリジナル・サウンドトラック【CD+DVD】 OST/外科医ポン・ダルヒ(SBSドラマ)(送料無料)へーー驚いた!!韓国では..
Weblog: diary(徒然なるままに)
Tracked: 2008-04-23 23:31

外科医ポン・ダルヒ #1~3
Excerpt: 「外科医ポン・ダルヒ」がアジアドラマチックTVでスタート。 漁港で健康診断を手伝っていたポン・ダルヒ(イ・ヨウォン)は急患がいると呼ばれるが どうしていいのかわからないところに現れた男が診察を始め、患..
Weblog: 海外ドラマDiary
Tracked: 2008-04-27 23:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。