2005年11月28日

デスパレートな妻たち<8>

(BS2)全23話

第8話『罪の段階』
家族が揃ったバン・デ・カンプ家。
ブリーの対応策は、車を治安の悪い場所に放置し、
誰かに盗まれ乗り捨てられるように仕向ける。
そうすれば、万一ホワニータをひき逃げした車と断定されても、
複数の指紋が出ることから、ひき逃げ犯の特定はできない。
という考えでした。

Desperate Housewives
Desperate Housewives


人気ブログランキング参加中
一方、ホワニータは昏睡状態で
カルロスは仕事そっちのけで母ホワニータに付き添います。
そこへ、事故に責任を感じてるジョンが見舞いにやってくる。
下のチャペルで母の回復を祈ってくるというカルロスに、
同行を申し出るジョン。

ガブリエルは気が気でないみたいね。
全然罪の意識がないみたい。この女


マイクとスーザンは一泊旅行の計画を立てますが、
スーザンがマイクの家の戸棚から多額の現金と銃を見つけてしまい
マイクの正体に不安を感じたスーザンは探りを入れるため
マイクの家の留守番を買って出る。
そして現金と銃を2階に持ち出したところ、
バスルームの床が抜け、スーザンはすっぽりはまってしまった!!
ようやく帰宅したマイクに助け出されることになるが
マイクは戸棚を勝手に開けたスーザンに激怒し、二人は破局を迎えるのでした。

マイクが何者なのか?別に何もないのか?
この辺りは謎だわね。


息子アンドリューが心配なブリーですが
当のアンドリューにはまったく罪の意識がない上、
「自転車通学に逆戻りで踏んだり蹴ったり。災難はこっちだ」と
言うような態度。
ブリーはアンドリューに対し、不安を抱き始めるのでした。

薬の影響で、不眠に陥っているリネット。
鍼灸を試したり、漢方薬を飲んだりして、
何とか薬を断ち切ろうとしてますが上手くいきません。
おまけにトムは相変わらず不在で子供たちは大騒ぎ。
リネットはたまらず、手元にあったビンを外に向かって
ガラス窓に叩きつけてしまう!
その時、窓の外には、メアリー・アリスの姿が・・・。
優しく微笑み、リネットに銃を差し出すメアリー・アリス。
リネットは受け取り、銃口を自分の頭に向ける・・・。
その時突然、大きな音がして目を覚ますリネット
夢だったのでした。
リネットはたまらず家を飛び出し、表にいたスーザンに子供たちを託し、
車で走り去る。「もう限界」と

ただならぬリネットの様相に、スーザンとブリーは探しにいき、
リネットを見つけますが、二人の顔を見て、
自分がいかにダメな母親か、切々と吐露し始めるリネット。
しかしそれはリネットだけではないと言われて
リネットは思わず泣き出してしまうのでした。

ポールは私立探偵ショーに、イーディ殺害を依頼。
しかしショーはあの便せんがイーディのものではなく、
フーバーさんのものであることを突き止めポールに報告します。

夜、ポールはフーバーさんの自宅を訪れ脅迫状を突きつけます。
「死んだダメ亭主の年金が雀の涙ほどしかなくて生活に行き詰まったの。
ブン取るなら善人より悪人のお金。・・・
彼女がかわいそうな赤ん坊にあんなことしたからよ……」と。
ポールは、おもわずミキサーを振り上げ
フーバーさんを殴り倒すのでした。

そのころ、マイクはスーザン宅を訪れ
「君を失いたくない」と…

人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。

TBされる方は、コメントよろしく〜
posted by 更紗 at 12:09| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 米)デスパレートな妻たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

デスパレート度、ガブリエル初のstay〈第8話〉
Excerpt: 今週もちょっと大きな展開だったウィステリア通りの面々。個人的にはいちばんイライラする人がブリーからスーザンになってきた。
Weblog: new雑記帳
Tracked: 2005-11-28 14:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。